スポンサーサイト

  • 2012.04.01 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    帰省 その

    • 2010.05.06 Thursday
    • 14:54


    闘牛、(正確には「角突き」のようです)は複数の闘牛場で行われます。
    中越地震で大きな被害に合った、山古志村と、小千谷市の2つです。

    私たちが出かけたのは、夫の実家から車で約1時間ほど行ったところにある、
    小千谷(おじや)の方。↑の写真は会場のすぐそばの風景。
    「小さな千の谷」と書くように、山の中腹に小さな谷も家々や田畑がある、
    起伏に富んだ地形でした。
    地震の爪後もまだ残っていて、土砂崩れをコンクリートで埋めたような場所も
    数多く見られました。



    さてさて、
    角突きの行事は江戸時代の文豪、滝沢馬琴が書いた「南総里見八犬伝」にも
    記述があるらしく、地域の伝統行事として守り継がれてきたようです。

    神事なのでしょうね。女性は闘牛場(柵で囲まれた牛が角を突き合う場)に、
    入ることはできないようです。相撲と同じですね。

    ↓小千谷の闘牛場。ローマのコロセウムをほうふつさせる会場。(笑)



    ↑力士(?)の入場


    ↑牛が角を(正確にはおでこを)突き合う時には「ゴチっ!!」というものすごい音が
    聞こえます。



    ↑とにかくものすごい迫力!
    争っている牛たちが、何度も座っている所の近くまでやってきて、
    「ゴツン!ゴツン!」とやるもんだから、その度に「ギャー!こわい〜!」とかいって
    カメラ片手にひっくり返ってました(笑)


    ↑勢子と呼ばれる男性達が、両手を広げ、大きな声で「ヨシタ―!」と
    掛け声をかけています。

    ↓ちゃんと取組表もあるんですよ。


    ↓ちなみに、のぼりも立ってます。


    ↓献金の方々は、こんな吹き流しのような布に書かれています。
    風になびいて気持ちよさそう。これも素敵な風景になってました。



    力士(牛)の中には、地元の小学校で育てている「牛太郎」という牛も参戦していました。
    おしくも負けてしまったのですが、子供たちの「ぎゅーたろー!!」という大きな声援に
    私も思わず、「ぎゅーたろー!!」と応援の声を張り上げていました(笑)

    その「牛太郎」を育てている東山小学校。
    地震で多大なる被害がでた学校だったとのこと。
    今はモダンは木造校舎に生まれ変わって、地元のシンボルになっているそうですよ。


    会場には、この行事に参加している多くの若者、そして子供たちの姿を
    見る事ができました。
    この古くからの地元の行事が、この若者たち、そして子供たちとが受けつぎ、
    この先もずっと繋がっていくんだろうな。そうあってほしいな、と心から思いました。


    ※角突きの行事は、毎年5月から11月まで実施されています。
     詳しくは、小千谷闘牛振興協議会のホームページをどうぞ^^
     


    一人ひとりに、それぞれのマクロビオティックな暮らしがあります。
     ↓
    にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

    スポンサーサイト

    • 2012.04.01 Sunday
    • 14:54
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      日本って、実は地域性に富んだ国なんですね。角突き行事は見たことがないので、こんなのがあるんだ〜、とびっくり。生で見てみたいな。
      小学校で闘牛用の牛さんを育てたり、このような山合いの町で育ったり・・・、と楽しそう。わざわざ海外旅行などしなくても、楽しくドキドキする旅が国内でもたくさん出来そう。それに、こういうところで育った子達は、元気いっぱいなんでしょうね。こういう地域性を大切に守っていって欲しいです。
      • Brown_rice
      • 2010/05/06 5:39 PM
      >Brown_riceさん、こんにちは^^

      そうですよね。
      こういった地域に根差した行事、本当に守っていってほしいと思います。

      私も結婚するまでは日本海側にはご縁が無かったので、訪れる度に、いろんなことが新鮮に感じられます。
      そして、日本海側のみならず、日本って実はとっても興味深い国だと思います。
      中国のように長い建国の歴史はありませんが、日本もそこそこ古い国。
      過去からの歴史の中で、その土地土地の風土を活かした暮らしや文化がたくさんあると思います。

      もっと時間ができたら、日本全国をじっくり知る旅にでたいなあ。と思う今日この頃です。
      トロワさん、お久しぶりです^^
      帰省なさってたのですね〜

      日本でも闘牛をしている地域があったなんて…
      ビックリです。。。
      スペインの文化だとばかり思ってました笑。
      まだまだ知らない事がいっぱいですね。。。
      あたしも海外旅行より国内旅行が沢山したいです♪
      • dehtsu
      • 2010/05/08 1:22 PM
      >dehtsuさん、こんばんは^^

      日本とスペイン、他にも共通することがあるかもしれませんね。
      海外も良いけれど、日本のこと、もっともっと知りたいですね!

      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      troisのおススメ本

      参加しています。応援よろしくお願いします!

      にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
      にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

      参加しています―2

      月の動き

      こちらものぞいてみてください^^

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      半農半Xの種を播く
      半農半Xの種を播く (JUGEMレビュー »)
      塩見 直紀,種まき大作戦

      recommend

      美しいこと
      美しいこと (JUGEMレビュー »)
      赤木 明登,小泉 佳春

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM