スポンサーサイト

  • 2012.04.01 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    寺田本家に!

    • 2010.02.19 Friday
    • 23:57
    JUGEMテーマ:マクロビオティック


    同行したみなさんと下総神崎の駅で無事顔合わせ。
    駅には寺田本家の若旦那様?になると思うのですが、寺田家にお婿入りした、
    寺田優さんが車でお迎えに来てくださいました。


    ↑そして、少し手入れをしたけれど、寺田本家創設当初からあるという、
    立派な蔵に案内していただきました。

    漆喰の壁、あたたかい光を放つ灯り。
    とても、心落ち着く場所でした。

    ここで、寺田本家23代目ご当主の寺田啓佐さんのお話をお聞きしました。

    彼は、今ひそかに話題になっている自主上映の映画、
    武田哲也さん主演の「降りていく生き方」にも御出演されているんです。
    (セリフはなく、仏壇の遺影の写真ということでした!)
    映画のHPをリンクしておきました。ご興味のある方はのぞいてみてください。
    私は絶対見たい!

    ご当主のお話は、

    酒造りは自然に学ぶことばかり。特に発酵のしくみに、人生の多くを学んだ。
    発酵しているものは腐らない。
    それは人間の人生に置き換えれば、自然に寄り添って生きていくこと、
    命が喜ぶような生き方の事。
    わくわく、ウキウキ、楽しいね〜!の気持ちを持って生きる事ができれば腐らない。
    心を身体を、人生を発酵させて、豊かに生きていきましょう。

    お酒のことを「お神酒」(おみき)と呼ぶことがあるけれど、その「き」には
    3つの意味がある。
    「うれしき。ありがたき。たのしき。」
    この3つの「き」を心に留め置き生きていくことが自分人生を発酵させる鍵です。

    という主旨のもの。
    とっても心温まるお話。自分のこれからの生き方なんかを考え合わせて、
    ご当主のお言葉を一言一言かみしめて、聞かせていただきました。

    そんな素敵な時間はあっという間に過ぎ、
    お昼の時間。
    酒蔵見学の前に、まずは腹越しらえを、ということになり、
    同行したみなさんが持ち寄った「発酵物をつかったお料理」の持ち寄り昼食会となりました。

    私が持参したのは・・・


    続きはこちらからどうぞ



    玄米甘酒を使ったスイーツ「ふるふるフルーチェ甘夏バージョン」です。
    写真は当日の朝に少しだけ取り分けて写真におさめたもの。
    昼食会用には、野田琺瑯のホワイトシリーズ深型Lサイズにたっぷりと入れて持参。

    本くず粉を水で溶いておいたものに、玄米甘酒を入れて中火にかけ、
    木べらで混ぜながらゆっくり沸騰させます。
    沸騰したら、3分くらい練り練りします。
    とろ〜んとしてきたら、あらかじめ一口大にしてレモン汁をかけておいたフルーツと
    自然塩を入れ一煮立ちさせればできあがり。
    荒熱を取った後、よく冷やしていただきます。

    今回は甘夏を使いましたが、イチゴや桃なんかも美味しいです!
    季節にあった果物をチョイスして楽しめる、やさしい甘みのデザート。

    みなさんはもっと、本格的で、天然酵母を使ったパンを焼いてきた方もいたし、
    納豆をつかったお惣菜を用意された方、粕漬けを持参された方・・
    とにかく、「発酵しているものって、こんなにあって、
    こんなにいろんなお料理になるんだ〜!」
    とあらためて、気付かせていただきました。

    みなさんのお料理、本当に美味しかったです。ご馳走様でした^^


    食事の後は、不耕起栽培米を作り続けている、藤崎芳秀さんのお話を伺いました。
    不耕起栽培米って、聞いたことはあったけど、具体的にどういう農法なのか
    良く分からなかった私は、目からウロコ!の感動でした。

    耕さない方が、土のパワーは増していく。
    冬でも水を張っておくことで、雑草が出ない、水生生物や藻などの水生植物が繁殖する。
    その水生動物や植物を捕食するために、白鳥や水鳥がやってくる。
    自然の循環システムができあがり、より肥沃な土になる。
    耕すことは土中にいる微生物を外に出してしまい、結果、土が痩せてしまう。
    耕す度に肥料を梳きこむのはそのため。
    肥料が肥沃な土地をつくるのではなく、土中の微生物の力を最大限に活かすことを良しとする。

    なんとも自然のシステム、理にかなった農法なんだ〜
    ということを知り、お米を作ることができるなら、絶対不耕起栽培で作ってみたい。
    と思いました。

    不耕起栽培については「不耕起栽培」で検索すると、結構多くの記事がヒット。
    色々な方がその農法に取り組んでいることに驚かされます。


    さて、次は蔵見学。
    というところで、なんと、私だけタイムアップ。
    家に帰る所要時間を考えると、この時間に出ないと〜という時間になってしまいました。
    ん〜残念。

    でもせっかく来てくださったんだから、と私だけ超特急で蔵の中を案内していただくことに。
    同行したみなさんは、ここで、なかじさんを始めとする蔵人さんたちにお会いすることに
    なりました。

    私は、なかじさんが歌う、「酒屋唄」を聞きながら、とっても心に響く歌声とメロディーに
    感動で心が揺さぶられるような、わくわくするような気持ちになりながら、寺田本家を後に
    することになりました。
    きっと、この歌を聴いて、お酒になるべく酵母たちは心地よく発酵していくんだろうな〜
    なんて思いながら・・・。

    駅までは歩けば約20分。
    「歩いていたら電車に間に合いませんよ!車をだしますので乗って行ってください!」
    と女性の蔵人の方が、声をかけてくださいました。
    涙のでるようなお言葉。お言葉に甘えて、乗せていただくことにしました。
    途中、「車をつかったから、逆に少し電車の時間まで余裕があるし、ウチの酒粕を使って
    パンを焼いている店によってみませんか?」
    とこれまた涙の出そうなお心遣い・・・。

    「酒粕酵母パンのふくちゃん」によって、違う種類の酒粕を使ったパンを1種類づつ、
    そして新発売というおからのチョコチップクッキーを1袋買いました。
    その女性の方に「せめてものお礼です!」と半ば強引に?(笑)お渡ししました。

    そこから駅まで、その女性とマクロの話で盛り上がり、車はほどなく駅へと到着。
    なんだか、とっても気持ちよく、元気になっている自分がいました。
    ご当主のお話、寺田さんのお話、蔵人さんたちの立ち働く姿、ふくちゃんの店主の方、
    送ってくださった女性とのやりとり・・・。寺田本家さんが持つ空気、
    そして、この下総神崎という土地柄・・。

    すべてのものから発酵の元気をいただいた気がします。
    家に帰って、夜寝る時も、心の発酵は続いていました。
    このままずっと発酵し続けられるように、腐らないように、発酵の元を心に持ち続けよう
    と思った旅でした。


    ★3月14日に下総神崎の町をあげてのイベント「蔵まつり」が行われます。
    ご興味のある方は是非、足を運んでみてくださいね。
    私はもちろん!でかける予定です^^

    ★神崎「発酵の里」のHP
     http://www.hakkou.org


    駅について、たくさんのお礼をなんだかとっても、心がプクプクと発酵している自分に

    寺田本家の方々は本当に、発酵してる。
    心も体も

    スポンサーサイト

    • 2012.04.01 Sunday
    • 23:57
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      ものすごくいい経験をされたんですね。とても羨ましく拝見しました。なかじさん、いい人ですよね〜♪私も大好きです。
      持ち寄り昼食会という主旨も素敵!発酵したものを持ち寄るとしたら、私は何を作っていくんだろう?と考えながら読ませていただきました♪
      あと、わくわく・・を忘れずに生きていくことの大切さ、そうだなぁと思いました。
      私まで楽しさを少しわけていただいた、素敵なレポートでした。ありがとうございます!
      • Brown_rice
      • 2010/02/20 3:35 PM
      >Brown_riceさん。こんばんは。
      コメントありがとうございます。
      眠〜い目をこすりながら書いた文章だったので、
      何を伝えたいのか、自分でもよくわからなくなってしまったように感じていたので、とっても嬉しいコメントをいただけて、ほっとしています。
      Brown_riceさんの毎日が、わくわく、ぷくぷく、
      発酵できる、充実した日々になりますように!
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      troisのおススメ本

      参加しています。応援よろしくお願いします!

      にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
      にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

      参加しています―2

      月の動き

      こちらものぞいてみてください^^

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      半農半Xの種を播く
      半農半Xの種を播く (JUGEMレビュー »)
      塩見 直紀,種まき大作戦

      recommend

      美しいこと
      美しいこと (JUGEMレビュー »)
      赤木 明登,小泉 佳春

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM